自由度が高く、安全な注文住宅は業者選びが本当に重要です

清潔感のある部屋

注文住宅と建売は何が違うの?

オシャレな部屋

注文住宅と建売は何が違うのでしょう。一つ目は、土地があるかないかです。注文住宅は土地探しから始まります。元々土地だけを所有している場合は違います。しかし、建売はその家自体を買うので土地探しをするわけではありません。ここで労力の面で大きな差がでます。
二つ目は、設計できるかです。建売はそのままの状態で買うので、自分に完璧にあったものであるとは限りません。ここはいいんだけどこの色合いが気に入らないなど、100%気に入る家に出会うのは難しいでしょう。また、建売は会社の顔でありたくさんの人に見てもらうためにあります。ですから、一般ウケするようにされているためデザイン的に地味なものが多いです。一方、注文住宅は自分の生活にあったものを設計できます。もちろん予算内ということにはなりますが、自分が気に入らないものを注文するということにはならないでしょう。
三つ目は、住むまでの期間です。建売は家が建っている状態ですので、契約さえ済めばすぐに生活をすることができます。しかし、注文住宅は土地を探すところから始まり、設計をし工事が始まるので最低ても半年、1年以上かかるケースもあります。このように、建売のほうが土地探しもないし設計もないし短期間で済むので楽ちんといえるでしょう。しかし、注文住宅のだいご味は建つまでの過程です。この過程を楽しめるか楽しめないかで、建売か注文住宅かを選んでみてはいかがでしょうか。

update list

2016/06/14
注文住宅のメリットとデメリットについてを更新しました。
2016/06/14
注文住宅と建売は何が違うの?を更新しました。
2016/06/14
後悔のないようにする注文住宅の注意する点を更新しました。
2016/06/14
注文住宅の間取りについて注意することを更新しました。