自由度が高く、安全な注文住宅は業者選びが本当に重要です

清潔感のある部屋

注文住宅のメリットとデメリットについて

空間のある部屋

マイホームを持つと考える時に、一から家を建てる注文住宅にするのか、それともすでに建っているモデルハウスや建売り住宅にするのかという選択肢にぶつかると思います。
理想の家に対する明確なプランがあったり、こんな仕様にしたいなど思い描いている人にとっては注文住宅が最適でしょう。ある程度思い通りの間取りにする事が出来て、室内の壁紙やフロアの色、外観のモデルまで自由に選ぶ事が出来ます。
もちろん多少の限界幅はありますが、おおよそ理想通りの家を建てる事は可能でしょう。しかし注文住宅というのは、自分が思う通りの家を建てられるというメリットに隠れてデメリットも抱えています。
まず、建売り住宅などと比べてコストがかかるという点です。すでに建っている住宅であれば、もちろん地盤調査なども済んでいますが、一から建てるとなれば地盤調査費用などもかかり、場合によっては地盤の改良が必要となり、その費用も負担しなくてはいけません。そして家が建つまでの期間も要するため、子供の入学に合わせて急いで引っ越しをしたいなどという方には適していません。注文住宅にも良し悪しがありますが、念入りに打合せして建てても、こうすればよかったと後悔する人も多いみたいです。
理想の家を建てたいなら注文住宅が適していると思いますが、あくまで理想としてある程度許容範囲を広げる覚悟を持つことも大事です。

update list

2016/06/14
注文住宅のメリットとデメリットについてを更新しました。
2016/06/14
注文住宅と建売は何が違うの?を更新しました。
2016/06/14
後悔のないようにする注文住宅の注意する点を更新しました。
2016/06/14
注文住宅の間取りについて注意することを更新しました。